ミッキー親分と組員たちに仕えるオカンのお喋り
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年02月11日 (火) | 編集 |
いつも元気なお転婆娘のカンカンが

今朝はクシャミした。

クシャミの1回くらいなら気にしないけど行動が変。

私の後をついて来るし、スリスリと甘える。

リビングの椅子で大人しく座ってる。

変や! 変や! いつものカンカンじゃない~っ!

そして「オエ~ッ」て・・・

吐くのかと思ったら吐かへんし

気になって2回目は撮影して

元気なカンカンを捕まえて病院へ行った。





これは「空えずき」じゃなくて「猫の咳」やねんて~

レントゲン撮ったら白いモヤモヤが写ってました (T_T)

診断は「気管支炎」やけど

レントゲンの所見から「フィラリアによるアレルギー性気管支炎」の可能性があるということで

先ずは血液検査(外注)、結果次第で心エコーもするかも?です。

もし、フィラリアならステロイドで治療するそうです。(またステロイドか!?)

猫の身体の中ではフィラリアは長くは生きられないそうで

フィラリアの駆虫薬は使わないらしい。(へぇぇぇ~)

140211-1


気管支拡張剤を1週間分もらって帰って来ました。

病院へ行ったからカンカンはなんこにしばかれてます(笑)




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。