猫、犬、そして母の迷言
2014年02月16日 (日) | 編集 |
エリカラ生活満喫中のマックですが

エリカラしてても耳掻いてるねんな~

足、齧るのはできひんから

それだけでも防げたらいいか・・・って思ってしてるけど。

140216-3



留守番中に困るのが 水

エリカラしてるとひっくり返すことが多い。




100均で買った花器の下の足の部分だけ使って

おしゃれ~な3本足の水飲みができた♪

140216-1

でも、3本足は不安定で高確率でこける。 却下!




ドリンクホルダーで飲んでくれたらエリカラも邪魔になれへんし

ひっくり返すこともないのにな~

ってことで、練習する。

140216-2

誘導してやれば飲むようにはなった。

でもね、200cc一気飲みのマックには向いてないような気がする。

舌の力が弱いのか上手く飲めてないようやし・・・

ドリンクホルダーも却下!




次に考えたのが器2個使い。

病院に入院してる子たちの食器が2個を底の部分で貼り合わせて

食器と台が一体化してるのを真似てみた。

ただ、底の部分を貼り合わせるのは手持ちの器ではできなくて

器 IN 器 になりました。(ボン!キュッ!ボン!って形的には同じ)←わかる?

ズレないように輪ゴムを間に挟み養生テープでグルっと巻きました。

140216-4

高さも丁度良いみたい。

140216-5

今のところ、ひっくり返さずにいけてます。

これで大丈夫なら水問題解決や~ (^^)v



スポンサーサイト
2014年02月11日 (火) | 編集 |
いつも元気なお転婆娘のカンカンが

今朝はクシャミした。

クシャミの1回くらいなら気にしないけど行動が変。

私の後をついて来るし、スリスリと甘える。

リビングの椅子で大人しく座ってる。

変や! 変や! いつものカンカンじゃない~っ!

そして「オエ~ッ」て・・・

吐くのかと思ったら吐かへんし

気になって2回目は撮影して

元気なカンカンを捕まえて病院へ行った。





これは「空えずき」じゃなくて「猫の咳」やねんて~

レントゲン撮ったら白いモヤモヤが写ってました (T_T)

診断は「気管支炎」やけど

レントゲンの所見から「フィラリアによるアレルギー性気管支炎」の可能性があるということで

先ずは血液検査(外注)、結果次第で心エコーもするかも?です。

もし、フィラリアならステロイドで治療するそうです。(またステロイドか!?)

猫の身体の中ではフィラリアは長くは生きられないそうで

フィラリアの駆虫薬は使わないらしい。(へぇぇぇ~)

140211-1


気管支拡張剤を1週間分もらって帰って来ました。

病院へ行ったからカンカンはなんこにしばかれてます(笑)





2014年02月09日 (日) | 編集 |
猫用ちゃんちゃんこが安くなってたので買ってみた。



140209-2

カンカンが着るとサルっぽい(笑)



140209-3

なんこ、似合う♪


でも、うちのニャンズは服着ると固まって匍匐前進しかできひんようになる。

ほんなら買わんかったら良かったのに~ って思うでしょ?

マック爺さんが良く似合うのよ♪

猫用でもええねん。(犬用との違いがわからんけど)

140209-1

ほら! よう似合ってるわ!


2014年02月02日 (日) | 編集 |
マックは「お手」ができませんでしたが

1月から教えてたら出来るようになりました(^^)v

コマンドは聞こえてないから おやつやご飯の時の

一連の動作として覚えているようです。



1月からカイカイが始まって

耳、あご、足を掻きまくってまして~

足なんかは噛んで引っ張るから

ハゲるんじゃないかと心配したけど

マックは前歯がほとんどないので毛を引きちぎることは無かった(^^)

で、アトピー疑惑が浮上したのと

治りの遅い耳を余計に悪くしないために

エリカラ犬になりました~

140202-1

それとインタードッグという注射の治療も始めました。

インタードッグはアトピーの治療薬だそうで

免疫力UPと腫瘍抑制効果があり

マックの耳の奥には「腫瘍があるのではないか?」と疑う

先生の勧めで試してみることにしました。

これで耳が治って アトピーらしき顎や足の痒みが治れば

万々歳なんですが~ 

効き目の方が60~70%だそうです。

おまけに週に3回注射が4週間続く・・・(嗚呼、そんなに通うのか・・・)

今はまだステロイドと併用だけど、

これで上手くいけばステロイドをやめられる。

140202-2

今日で3回目の注射だったけど

耳の臭い匂いが止まった!

カイカイは変わらずやけど・・・期待できるかも?